心のカウンセリング 〜 カウンセラー自己紹介

 

心屋認定カウンセリングマスター

 

竹内やすこ

 

 

 

日々綴っています ▶︎ ブログはこちら

つらい気持ちをただ聞いてほしい方は、私のカウンセリングは向いていないかもしれません。

やさしく寄り添ってほしい方は、他のカウンセラーさんが合っていると思います。

私、竹内やすこは、言いにくいことも言うタイプだからです。

大変でしたねと、ふんわり受け止めるタイプではないからです。

 

 

私は昔から、勘の鋭い子でした。

洞察力があり、何かの違和感を敏感に感じ取ることができます。

 

カウンセリングでは、ご相談者さんのお話を聞いていく上で、

なんだかしっくりこない、普通では気づかないような違和感を感じるとき、

そこが本人がつくってしまった心の結び目を見つける入口であることがほとんどです。

 

時にはご相談者さんがムッとされることもあります。

同じことを何度も聞かれてるように感じたり、

触れないでいてほしいことに踏み込まれるように感じたり。

でもそこにこそ、自分では気づかない何かが隠れているのです。

 

 

私のカウンセリングは、以下に基づいています。

 ・心屋塾で学んだカウンセリングメソッド

 ・親と子との関係性や、親の呪縛に関する学び

 ・私自身の経験や気づき

 ・天性の勘の鋭さ

 

 

もしあなたが今、なんだかいろいろしんどいなと感じているなら、

自分の人生がうまくいっていないと悩んでいるなら、

問題があると思っているなら、自分を変えるチャンスです。

 

守秘義務、お約束します。

 

 

自己紹介 

 

良い仕事をたくさんさせてもらっていて、楽しくて、

好きなことをしてお金を得ることができて、

友人も多くて、プライベートも充実しているはずなのに、

なにかが足らない、幸せと感じれない自分。

「うまくいっている」と思えない自分。

そんな自分をなんとかしたくて、心屋塾へ。

 

マスターコースでのワークと、

カウンセラーによる個人セッションで、

思い込みを手放し、

自分自身に還り、自分を取り戻すことができました。

  

また、自己肯定感(セルフイメージ)の低さや、

心の奥にある劣等感みたいなものが、

母親との関係性にあると気付きました。

心理的に子どもを縛り付ける支配母。

その母の呪縛を解くことができて、

劣等感がなくなり、自分に自信を持つことができました。

 

その後、さまざまなセミナーやセッションでの学びを重ね、

カウンセリングに生かしています。

 

 

 

ずっとうまくいかなかった恋愛や結婚も、

母の呪縛を解くことで、手に入れることができました。

「好きな人には好かれない症候群」を治し、

「幸せになることへの自動ブロック」をはずし、

45歳で出会った人と、4年半のおつきあいを経て、

2016年秋、50歳目前にて結婚。

子どもはいませんが、良いパートナーシップを築いています。

 

 

カウンセラーとしての活動と同時に、

イベントやエンターテイメントの企画・制作の仕事をしています。

これまで、10年間のイベント制作会社勤務を経て、独立。

設立から20年以上、制作会社の代表取締役です。

自己肯定感を取り戻すに従って、仕事も波に乗り、

好きな仕事、やりたい仕事を楽しくやっています。

 

 

心屋塾に行くまでは、

なんとなく滞っていると感じていた仕事もプライベートも、

今はより順調になり、楽チンな流れに乗って充実しています。

「引き寄せ」「自己実現」といったことも手に入りました。

何より「今、私は幸せです」と言い切れる自分になりました。

 

 

大阪府出身。

現在、東京都在住。

 

 

 

 

★「好きな人には好かれない症候群」

 好きな人には振り向いてもらえないのに、

 何とも思ってない人に好かれること。 

 

★「幸せになることへの自動ブロック」

 好きな人に自分の思いを伝えることができない、仕事が忙しくて出会いがない、

 男性好みの服装や髪型に抵抗がある、良さそうな人に告白されても拒否してしまう、

 男性に大事に扱ってもらうと居心地が悪い、などなど、

 恋愛や結婚に向かうと抵抗が出てきて、拒否したり逃げたりしてしまうこと。

心のカウンセリング 〜 カウンセラー自己紹介